固定残業代制とは~あらかじめ残業代が固定されている

通常、残業をした場合には、その分の賃金が支払われる必要があります。
しかし固定残業代制が適用されている場合は、あらかじめ残業代が固定されていると言う特徴があります。
たとえば固定残業代制が適用されている状態で月給20万円となっていた場合には、固定給としては15万円で、月に40時間分の残業代として5万円を支払うと言った具合です。

固定残業代制の残業代制においては、いくつかの条件を満たしている必要があります。
たとえば従業員に書面でその旨を周知徹底していることや、固定残業代とその残業時間を明記することなどが条件です。
ですから先の固定残業代制を適用したうえで月20万円と言う賃金の場合でも、固定残業代や残業時間の記載なしに、ただ単純に固定残業代を含むと言う記載だけではだめだと言うことです。
これはその場合、何時間の残業に対していくら支払われるのかが不明なため、そしてそれにより本来支払われるべき賃金が正当に支払われない可能性もあるためです。

ではもし、記載されている時間数よりも実際の残業時間が少なかった場合にはどうなるのかと言うと、この場合は固定残業代制で決められている賃金、全額を支払う必要があります。
残業が少なかったからと言って、その分の賃金を減らし固定給そのものを減額するのは不可能と言う具合です。
では逆に実際の時間数が多かった場合です。
この場合は、追加でその部分にあたる賃金を支払う必要が生じます。
たとえば先の事例で言えば、固定として定められているのは月間40時間の残業に対しての賃金のみです。
よってそれを超えた場合には、当然、雇用側はその部分の賃金を新たに支払わなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です