固定残業代制における残業代の扱いについて

固定残業代制においては、基本的には残業時間は一律に計算され支給されるため実際の残業時間とは異なる金額で支給されることになります。
そのため基本的には、より多くの残業をしてもその分が支払われることがない分、残業時間が少ない場合でもあらかじめ決められた残業代が支払われることになります。
そのため効率よく仕事を終わらせて実際の勤務時間を短くすることで、同じ残業代を効率よくもらうことができる点が大きなメリットになっています。
しかし逆に仕事の量が多い場合などは働いた残業時間分の残業代がもらえないと言うデメリットもあります。

固定残業代制を導入する会社の大きな目的は、人件費を固定することになります。
季節によって仕事の忙しさに変化のある企業にとっては、悲しい時期だけ残業代がかさんでしまうのは人件費の管理上大きな問題となっています。
またその忙しさが予測がつかない場合、事前にある程度人件費を見越しておかないと経営管理上大きな問題となることが少なくありません。
そのため、あらかじめ従業員の残業時間を固定することで人件費を固定し、計画的な出費を行うことで形を安定させると言うのは大きな目的となっています。

しかし実際には固定残業代制は人件費を削減することに使われることも多く、本来長時間の残業が必要な業務であっても、残業時間を短く固定してしまうことで実際の人件費を少なくすることも可能なため、その導入においては本人と会社が十分に相談し、両者がしっかりと納得した上で個別に契約をすることが望ましいとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です