固定残業代制における残業代の扱い

近年は働き方が変わり能力の高い人ほど少ない時間で効率の良い仕事ができるようになっていますが、能力の低い人に対しては残業をすることでその作業を時間をかけて完了させると言う風潮があります。
しかし、そのために能力の低い人ほど残業代を合わせて高い給料をもらうと言うことに対して異論を唱える人も少なくありません。
そのため近年では成果主義と言う言葉があちこちで言われるようになりました。
これは従来の日本企業が行ってきた労働時間に対して対価を支払うと言う方法ではなく、一定の成果に対して報酬を支払うと言う仕組みです。
これにより、能力の低い人はそれなりの報酬となり、能力の高い人は短時間で高い報酬をもらうことができるようになります。

しかし、古くから機関に対する対価を押し払ってきた日本企業の給料の支払い方においては、急激に成果主義に移行することができません。
そこで利用されているのが固定残業代制と言う制度です。
これは毎月の残業時間を固定し、これ以上仕事をした場合でも残業代を支払わないと言う制度で、与えられた時間の中で成果を出すことが目的とされています。

この固定残業代制を導入する際には、実際に働いた時間に対する残業代がもらえなくなると言うことになるため、本人と会社との契約が必要になります。
本人が承諾しない状態で固定残業代制を施行した場合は労働基準法に違反するばかりでなく、残業代未払い等の問題が発生する可能性があるため、十分な注意が必要です、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です