固定残業代制の残業代は請求することができる

最近では残業の未払い問題が大きく取り上げられています。
残業しているにも関わらず、残業の給料が支払われないのです。
労働者にとって残業の給料未払いは腹立たしいものです。
また、残業代未払いにならないために固定残業代制を導入している会社があります。
この固定残業代制とは、あらかじめ残業代を固定給に組み込んでおくのです。

しかし、ここで問題があります。
固定残業代制に組み込まれている残業代を上回る残業をした場合についてです。
実は、あらかじめ組み込まれている以上の時間残業をした場合には、超えた分の残業のお金を請求することができます。
そのため、超えて分の残業時間がある場合はお金を請求するべきです。
また、固定残業代制で残業代を請求するのなら弁護士に依頼することがおすすめです。
個人でも請求することができます。

しかし、計算をしたり、請求したりするのは大変です。
しかも、会社側が反論してくることがあります。
そんなときに、弁護士に依頼しておくことで、法律的な話し合いで解決することができます。
日本が法治国家である以上、法律に則るべきです。
そして、法律で争うのなら法律のプロである弁護士に依頼するべきなのです。
固定残業代制でも、超えた分の残業代は請求することができるのです。
弁護士に依頼すれば、どれだけ超えたのか計算をしてくれます。
そして、高い確率で未払い分の請求が成功します。
そのため、残業の代金を請求するためには弁護士に依頼するのがおすすめなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です