歩合給制でも残業代は支給されます

営業職やサービス業等の仕事に就く人の中には、歩合給制で勤務している人も少なくありません。

この場合には成果に応じて給料の額が決まるものとなっているため、
勤務時間が長くなっても成果が上がらなければ給料は上がらないと言う構造になっていることが多く、その成果を生むために長時間の残業を行っていると言う人も多いものです。

しかし、残業時間が非常に多くなっているのにもかかわらず、成果が上がらずに給料がもらえない場合には、状況に応じて残業代が請求できる場合があります。

歩合給制は成果に応じて報酬を支払うと言う仕組みになっていると考えられていますが、
実際には会社と従業員との間で交わされる労働契約に基づき、基本給と成果に応じて支払われる歩合給の部分が明確にしなければならないことが法律で定められています。

しかも歩合給については、残業時間に対して支払われる残業代が正当に含まれていなければならず、これに満たない場合には不足している残業代を支払わなければならないことが決められています。

従って、歩合給制において成果が上がらない場合であっても、残業を指示されて行った場合にはこの残業時間に相当する残業代は歩合給の中に正当に含まれていなければならないことになります。

実際には残業を行った時間に時間給をかけて算出した金額が歩合給に含まれていることが必要で、さらに深夜や早朝といった時間外の残業については割増賃金も合わせて含まれていなければなりません。このようにして計算した金額が歩合給を上回る場合には、不足している金額を残業代として請求することができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です